top of page

Sayaka Watanabe

染め織り着物と帯 渡邊 紗彌加

INORI

祈織 ーいのりー

私が作りたいもの

それは繊細さと静けさ 緊張感 空気を異にするもの

仏像から神仏を感じるように

その気配を感じられるもの

自分という人間と 周りを見つめながら

 

 

いかにして生きるかを反映させるもの

内在する 諸々の感情を昇華するもの

それらを日本の民族衣装である着物に

救いを求めて 祈りと共に

織り込みたいのです

崇高な思想ではなく

現実という世界のなかで

祈織

古学び ーいにしえまなびー

​古典の学問の意

「学ぶ」の語源は「まねぶ」

狩野芳崖作「悲母観音」に影響を受け 制作

素材 絹糸 経・諸168d 緯・手引き真綿4.5匁

染料 栗・夜叉五倍子・丹殻・阿仙・他

技法 平織り(擦り込み経緯絣)

作品No.4 制作2006年

bottom of page